スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばらの騎士~オケ始動~
2007年03月22日 (木) | 編集 |
先々週末8月の演奏会に向けての第1回オーケストラ練習がありました。ぼえままも去年11月の本番以来ずっとオフだったので、ドキドキしながら迎えた練習

今回の演奏会は4曲。大体普通の演奏会は、前プロ(1曲目)・中プロ(2曲目)・メイン(3曲目)といって3曲で構成されることが多いのですが、ちょっと変形プログラムとなりました。

その練習はそのうちの2曲だったのですが、演奏したことのない曲だったので、初見(初めて譜面を見て楽器を吹くこと)の私にはちと辛いものがありました。練習すればよかった・・>私
でも、どちらも本当に泣けるいい曲なので、これから少しずつみなさんにご紹介しようと思います。

今日はリヒャルト・シュトラウスが作曲した「ばらの騎士」組曲を紹介します

「ばらの騎士」はもともとオペラで、色々な旋律を再構成して20分ほどのオーケストラ曲にまとめたものがこの組曲です。

あらすじなどを・・・。

*****
舞台は18世紀ウィーン。陸軍元帥夫人マルシャリンが、親戚のオックス男爵の婚約に際し、年下で浮気相手の伯爵オクタヴィアンを、婚約申し込みの使者「ばらの騎士」としてオックスの婚約者ゾフィーのもとへと遣わせる。オックスとは政略結婚である上に、日頃から下品で高慢なオックスに辟易していたゾフィーとオクタヴィアンは徐々に惹かれ合い、やがて結ばれる。マルシャリンは来たるべき時が来たことを悟り、そっと身を引き二人を祝福する。
*****

ざーっと言うとこんなお話。オペラにありがちな恋愛ものです。
もともとのオペラ原曲は3時間以上もかかる曲ですが、20分の曲に再編成され、曲調も全体的に優雅な曲なので、初めて聴く人でも気持ちよく聴ける曲だと思います。あらすじには書きませんでしたが、オックスとオクタヴィアンの決闘シーンなどもあるので、それらしいメロディもあり、また、優雅なワルツもあり・・・と楽しめる1曲です。

ちなみに我が家にあるCDはこれ。
指 揮 アンドレ・プレヴィン
管弦楽 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

この曲の定番演奏のひとつ。ワルツの本場ならではの優雅な演奏です。

<クラシック講座;練習中曲目>



浮気相手の年下BOYが若い女に走っても、
大人な引き際で祝福できるマルシャリンになりたいぼえままに
応援クリックをお願いします~♪いや、浮気はしませんが。。


できればこちらもよろしく~♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バラキ私も大好き~。ウィーンでも観たけど、やっぱり上野でみたクライバーの舞台は最高だったよ。
2007/03/23(Fri) 07:17 | URL  | yamorin さん#-[ 編集]
yamorinさんへ
初コメントどうも有難う♪やっぱり来たわねークラシックねた。本当にいい曲だよね。演奏することになって嬉しいです。バラキ、プロの演奏は生で聴いたことないんだぁ・・・。ウィーンで観たなんていいなー。リヒャルト好きの旦那が聞いたら超羨ましがるかも。
2007/03/23(Fri) 23:02 | URL  | ぼえまま さん#-[ 編集]
(*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
σ(∀`〃)はクラシック詳しくないけど・・・
演奏会まで(´p・ω・q`)ガンバ♪

旦那様・・・
体調を崩されて大変だったのですね!
忙しいと疲れもなかなかとれないのよね・・・
お休みの日にその疲れ・・・
どこかにいっちゃうといいですね!
ぼえままさんも無理をしないように∑d(・ω・*)ネッ!!
2007/03/24(Sat) 00:05 | URL  | パル さん#-[ 編集]
パルさんへ
有難う~!クラシックのこともたまーに載せるのでぜひ遊びにきてね♪
ぼえぱぱはすっかり元気になりましたぁ。それでも休日は出勤みたいだけど・・・。私もぼえぱぱも少し具合が悪くなるとファンテユンケルで気合入れています!
2007/03/24(Sat) 19:55 | URL  | ぼえまま さん#-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。