スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4度目のキッザニアに行って来ました♪Part1
2009年02月04日 (水) | 編集 |
インフルエンザのせいで月曜日からこもりっきりのぼえままと子供達。
特にイベントもないので(あったらおかしいけどね)1月19日に行った4度目のキッザニアについてレポートしまーす

えーっと、過去記事まとめてみました。行っているなーなっち。よかったら参考に見てね♪

●初めてのキッザニア 
  Part1→入場・お医者さん
  Part2→ファッションブティック・ソフトクリームショップ・ガソリンスタンド・ライブステージ

●2度目のキッザニア
  Part1→ハイチュウ工場・テレビ局
  Part2→ピザーラ・銀行・歯医者さん

●3度目のキッザニア
  Part1→キャビンアテンダント・ビューティーサロン(ネイルお客さん)・ヤマト宅急便  
  Part2→幼稚園の先生・ラジオ局 

えーっと、今回はゆっち初参加!!3歳目前、赤ちゃんぽさが残るゆっちがキッザニアンになったらどうなるか興味深く、思い切って連れて行ってみました迷子になったりきっと大変だろーなーと思ってたけれど、意外と平気でした。が、ゆっちにかかりっきりで、なっちには少し寂しい思いをさせたかも・・・

<ゆっち・ヤマト宅急便/1F>
まず最初にゆっちが出来そうな宅急便へ。なっちとAちゃんはラジオ局へ。結局上の子2人は殆ど自分たちだけで回ることになりました。
たしか30分待ちでした・・・。まだ緊張しているゆっちは、椅子から立ち上がることもなく割と静かに待ってられました。
どんなことするんだろうー・・
前のグループの子がお仕事を始めたら、制服に着替えます。
もちろん一番小さな制服です
赤ちゃんのコスプレって感じだわぁ・・・プププ奥に見えるのがゆっちの彼氏(?)3歳のKくんです。今回はKくんがずっと面倒を見てくれました。
いよいよお仕事開始です。スタッフから仕事の説明を聞いてから(ゆっちは全く聞いてなかったけれど)配送作業開始。まずは歩いて配送です。
ちっちゃーーい!!
横断歩道も信号を無視して渡りそうになったり、寄り道しそうになったりと、Kくんを始め大きなお兄ちゃんお姉ちゃんに迷惑かけまくり・・・。やっぱり小さいと迷惑だわぁ

それでも何とかお仕事を終え、満足いっぱいで帰ってきました♪
ラジオ局になっちを迎えに行くと、まだ生本番中。その間に・・とゆっちを連れて銀行へ。

<ゆっち・銀行/1F>
ちょうど1回目の仕事が終わった時間なのか、混み混みでした。。いくら小さなゆっちでも、並ぶ時は子供だけ。もちろんぼえままも銀行に入れてもらえませんでした。銀行のスタッフの人に言ったら
「大丈夫ですよ。私が見ていますから。」といわれたものの、スタッフの方も忙しく、ほったらかしに。
その間に、前の人に続いて進まなかったゆっちはかなりの人に抜かされまくり・・・・
心配でたまらなかったぼえままは、「すいませーーーん!!」とスタッフに見てもらえるように再度お願いしました。そしたらやっと手をつないでくれて、無事に進めるようになりました。

いやあ、やっぱり2歳には無理なことばかりっす。。。

でも、その後泣くこともぐずることもなくちゃんと窓口に行き、口座を開いて財布を貰い意気揚々と帰ってきたゆっち。
一人で口座開いたよ

長くなりそうなので、Part2に続きます♪

いつも応援して下さって本当に有難うございます♪
最後まで読んでくれてありがとう~♪
ご面倒をおかけしますが、ランキング2つクリックで応援お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
すごい!
ゆっちちゃん、お仕事できたんだねえ。
うちはヤマト便が大好きなので、そのコーナーは狂喜乱舞でしょう。
ま、何年先になるか。。。
2009/02/05(Thu) 00:39 | URL  | うすき さん#-[ 編集]
うすきさんへ
お仕事できたというか、大きいおにいちゃんおねえちゃんの真似ができた・・という感じよお。
でも、本人はかなり楽しかったらしく、ビデオを何度も見ているよー。
本当にお仕事が出来るおすすめは年中以降かな。でも、2~3歳時もかなり親は満足なので、行ってみてもいいかもよぉ。
お返事遅くなっちゃってごめんね。
2009/02/08(Sun) 00:49 | URL  | ぼえまま さん#-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。