スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレ
2007年01月19日 (金) | 編集 |
少し前まで話題だった「のだめカンタービレ」

学生時代はマンガというものを良くよんでいましたが、働きだしてからはとんと買わず読まず・・・。
マンガ好きのママ友が
「ぼえままさんが読んだら絶対はまるよぉ」
と貸してくれたのが「のだめ」でした。

友達の言ったとおり、はまった私は出ている全巻を3日で読み、ドラマも見ました。昨日はアニメも見てみました

感想ですが・・・

やっぱりマンガ原作のものはマンガが一番面白い

ドラマはまあまあでしたが、アニメは私てきにはいかがなものかと。
好みですけどね。

のだめ効果でクラシック人気が上昇しているわけですが、実際のマンガの内容は超初心者が読むと少し難しいかもしれません。
作者の方が難しい言葉は解説しているんですけど、それでも読んでいくうちになことがでてくると思います。ドラマもマンガに忠実に作られていたので、よくわからなかった・・・なんて声もあったし。

でも言葉の意味さえわかれば、のだめはクラシックへのとっかかりとしてすごく適していると思います。
曲の解説もしてくれているし、実際私も色々勉強になりました。

#ここだけの話、ぼえままは長年クラシックに携わっている割には全然詳しくないのです自分が演奏したことのある曲ですら、流れていてもタイトルが思い出せないことしばしばお恥ずかしい限りです

そんな私なので、折角なので話題作のCDを購入しちゃいました。
AmazonクラシックCD部門で今日時点で4位でした。
レビューはのちほど書きますね

また、Amazonの「のだめオーケストラ特集」も面白いのでぜひどうぞ~

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。