スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスドォルで初フランスパン
2007年04月14日 (土) | 編集 |
ちょい焦げです

フランスパン専用粉のリスドォルを使って初めてフランスパンを焼いてみました。本当はもっと時間をかけた本格派レシピで作ろうと思っていたのですが、なんだかバタバタしているうちに夕方になってしまい、いつもの時間短縮したやり方で焼いてしまったので、正確に言うとフランスパン「風」です

色んなレシピを合わせたオリジナルなやり方ですが、味は美味しかったなあ。ただ、フランスパン特有のパリッとした皮にはほど遠い~まだまだ研究が必要です。

【材料表】
◇フランスパン専用粉(リスドォル)200g
◇砂糖 3g
◇塩 5g
◇バター 5g
◇冷水 120g
◇モルトエキス 2g
◇ドライイースト 3g

HBに全部入れて生地作り。できあがったら、すぐに取り出して3つに分割しました。それぞれきれいに丸めて10分間ベンチタイム(固く絞った濡れキッチンペーパーを乗せる)。霧吹きをしてオーブンレンジ40度で50分二次発酵。二次発酵したところがこれ↓
色白美人~♪
で、これにナイフでクープを入れ、250度に予熱したオーブン庫内に霧吹きをしてから15分間焼成。

切るとこんな感じです
切ってみました気泡はできたかな?

味は専用粉を使っているだけあって、フランスパンそのものバターを入れちゃったので、ちょっとフランスパンよりマイルドです。
次回は、バターも入れずに、生地も休ませつつ、ゆっくり発酵させながら、気泡を潰さずに成型するやり方で再チャレンジ

今回のは皮が柔らかいので子供向けって感じってことで

冷蔵庫が使えない間、クーラーボックスを貸してくれたママ友と保冷剤を貸してくれたママ友にひとつずつおすそ分けしてみました。今度はもっと美味しいの作るから待っててねん♪



[ママたちにおすすめのCD]アップしていま~すこのCDなんだか一日中聞いちゃってます。おうちがカフェみたい~おすすめですぞ。ジャケットも飾っておいてて可愛いし!
■アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション

日本では小野リサさんなどで有名になったボサ・ノヴァ。そのボサノヴァの大御所、アントニオ・カルロス・ジョビンが作った曲にジョビンやジョアン・ジルベルトが歌うといった名曲名演が20曲も入ってます。どこかで聴いたことがあるフレーズがいっぱい!気持ちが明るく澄んでいく気がします。「ボサ・ノヴァ」という言葉は”新しい流れ”という意味なんだそうです。よっしゃぁ!4月だし、心機一転心新たにやっていこうという気分です。


でもね、心機一転!というところで、娘二人に熱を出され
くじけ気味のぼえままに応援クリックお願いします~♪


できればこちらもよろしく~♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぽえままさんへ
フランスパン風ってことは、画像で分かったんですが、その分量とか、レシピの中に聞いたこともない言葉がいっぱい出てきて・・・???パンは深いなぁ~とつくづく思いましたv-397

パンを深く、入る前に、我が家には、スムーズに切れるパンナイフをゲットしないといけませんワ(汗)
2007/04/15(Sun) 00:32 | URL  | まーキュリー さん#8D.n/ARA[ 編集]
まーキュリーさんへ
私も勉強したてであまりよく分からずに使っている商品も多いんですよー。色々チャレンジ中です。ちなみにモルトエキスはフランスパンの発酵を促したり色付きをよくする効果があるんです。あと、ベンチタイムは生地を休める時間でーす。あと、なんだろう。クープかな。クープは溝のことです~。わかりづらくってごめんなさいぃ。
2007/04/15(Sun) 01:29 | URL  | ぼえまま さん#-[ 編集]
ぽえままさんへ
いえいえ、勉強させてもらってますので、これからも先輩!よろしくです!!(嬉)
2007/04/20(Fri) 01:27 | URL  | まーキュリー さん#8D.n/ARA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。